日本、土壇場弾で辛くもドロー…杉本が代表初ゴール、倉田は2戦連発
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00653929-soccerk-socc
杉本ハイチ戦代表初ゴール.jpg

 キリンチャレンジカップ2017が10日に日産スタジアムで行われ、日本代表とハイチ代表が対戦した。

 日本代表はGK東口順昭が先発。センターバックは槙野智章と昌子源がコンビを組む。サイドバックには酒井高徳と長友佑都が入った。中盤の底には遠藤航が起用され、一列前に倉田秋、小林祐希がスタメンに名を連ねた。前線の3枚には乾貴士、杉本健勇、浅野拓磨が選ばれている。キャプテンマークは長友が巻いた。

 8分、早い段階で先制点が生まれた。ペナルティエリア外でボールを受けた杉本が、左サイドを抜け出した長友にスルーパスが送る。左足ダイレクトでクロスを上げると、ニアサイドで待っていた倉田がヘディングで合わせた。ふわりと浮いたボールはGKの上を通過し、ゴールへ吸い込まれる。倉田がニュージーランド戦に続き、2試合連続ゴールを決めた。

 17分、日本代表に再びチャンスが訪れる。右サイドで細かいパスを繋ぎ、前線で待っていた浅野がボールを受けた。ポストプレーから落としたボールを杉本が受け取り、中盤から走りこんできた倉田へスルーパスを送る。倉田はGKとの一対一を外してしまうが、浮いたボールは杉本の元へ。ダイレクトシュートは地面に叩きつけられるように放たれ、カバーに入ったDFの頭上を越してゴールを記録した。杉本は日本代表初先発で初ゴールを決めている。

 28分、追いつきたいハイチに反撃を受ける。右サイドでドナルド・ゲリエにボールを持たれると、中央に走りこんできたケビン・ラフランスへスルーパス。東口との一対一を制し、ハイチが1点を返した。

 38分、右サイドの高い位置でボールを持った小林が、低い位置で待っていた酒井にボールを渡す。中央で待っていた杉本にボールが送られると、ペナルティエリア外から思い切りのいいシュートを放つ。しかし、これは枠を捉えることができない。それでも日本がリードを保って前半を折り返す。

 後半から日本代表は選手を2人代える。浅野が原口元気と交代し、代表初招集の車屋紳太郎が長友と代わってピッチに送られた。

 後半開始早々の53分、ハイチの攻撃陣が牙を剥く。FKから右サイドで待っていたカルランス・アルキュスにボールが渡り、早めにグラウンダーのクロスを送る。中央で一瞬フリーになったデュカン・ナゾンが右足を振り抜く。東口が手を伸ばすもわずかに届かず、左隅にシュートが決まった。ハイチが同点に追いつく。直後に日本代表は3人目の選手交代。小林に代わり井手口陽介がピッチに入る。さらに59分、香川真司が先制点を挙げた倉田に代わり出場した。

 64分、追加点を決めた杉本と大迫勇也が交代する。

 70分に日本へチャンスが訪れた。アタッキングサードでパスを回し、ゴール正面にスペースができる。そこに走りこんできた遠藤が、ペナルティエリア外から強烈なミドルシュート。しかしこれもゴールには繋がらない。

 勝ち越しを狙いたい日本だったが78分、相手に一瞬の隙を突かれる。左サイドでボールを持ったナゾンがペナルティエリア外から右足を振り抜く。東口が必死に手を伸ばすも、カーブのかかったボールはゴール右隅に突き刺さった。ハイチにスーパーゴールが生まれ、日本は逆転を許している。直後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が最後の交代カードを切る。乾に代わって武藤嘉紀を投入し、得点を狙いに行く。

 後半アディショナルタイム、日本に最後のチャンスが訪れる。右サイドでボールを持った酒井が思い切りシュートを放つ。香川がこのシュートに触れ、コースを変える。これがネットに突き刺さり、最後の最後で同点弾を決めた。

 試合はこのまま終了。土壇場ゴールで日本はドローに持ち込んでいる。

【スコア】
日本代表 3-3 ハイチ代表

【得点者】
1-0 8分 倉田秋(日本)
2-0 17分 杉本健勇(日本)
2-1 28分 ケビン・ラフランス(ハイチ)
2-2 53分 デュカン・ナゾン(ハイチ)
2-3 78分 デュカン・ナゾン(ハイチ)
3-3 90+1分 香川真司(日本)

セレッソ大阪(1293)@桜の戦士たちよ!総員ハイチにつけ!
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1507638215/
▼記事の続きを読む▼